48億のブルース / KAT-ROMANTICO. 411-STREET
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、18歳の頃からおよそ10年間お世話になった職場の
おばあちゃんの訃報を聞いた。

通夜に行けなかったから葬儀へ駆けつけたワケ。

「入社したのは阪神淡路大震災の日だったからねぇ、もう○年目になるねぇ」
と微笑むおばあちゃんが好きだった。

そうだね俺も忘れないな、確かに1995年1月17日だった。

そんなおばあちゃんはね、自分の孫のように
毎年の誕生日や成人式まで祝ってくれたりしてね

まあ何より勝手な都合で辞めた俺にまで連絡をくれた
元同僚のOさんには感謝でいっぱいだ

俺が入社した当時は親族が主に働く老舗。
これから業務拡大するって頃で、こんな俺でも古い社員だったから
気をつかってくれたんだろうな。

式では29歳になる孫、社長の長男が弔辞を読むと
俺は目を閉じながら聞いててね

「ばあちゃんに教わったことが3つあります…」

「1つは、よく笑うこと」
「もう1つは、よく学ぶこと」

「そしてもう1つは…」

俺もこの時は妙な緊張が走ってね
いつもならくだらない事を想像してしまう悪い癖の俺も
さすがにそんな気にもなれず

「何だろう…?」

そしたらね

「よく泣くこと」って
こころなし声を張ったあとに泣き崩れちゃってね…

んぅぅ…分かるなぁ。

なんつーかさ、大概にして尊敬するヒトや共感してきたヒトってのは
「あたりまえ」なことを教訓にする限りなく常識人だったりするんだよね。

意外にもその「あたりまえ」がカッコよかったりさ。

まあね、俺もおそらく今までの人生でいちばん泣いた日ってのがあって
どうしようもなく泣くことしかできなかったんだけどさ

泣かずにどうしろって時もあるね。

泣けばいいってワケじゃなけどさ
きっとおばあちゃんは素直に生きる心を残してくれたんだろうな。

俺もなんだかこの場所に立ち会えてよかったな
少し教わった気がするね。

おばあちゃん本当にアリガトウ、お疲れ様でした。

そして1995年1月17日入社日の懐かしい写真。
ダチのⅡVAN納車と青い思い出。
117
スポンサーサイト

三島出身でグレート草津っつう伝説のプロレスラーがいたが
そんなグレートな群馬県は草津に行ってきた。

ピストレロの連中とコチ君と5人でラウロ号でね

夜11時、キャシの運転で東京経由の中央道から北上。

談合坂SAから俺の運転で清里、軽井沢。

眠気もぶっ飛ぶ80sソングで音速、高速路駐で立ち小便…

10年ぶりの軽井沢もいいね、なんつーか胡散臭い感じ。
親戚にいそうな紳士風やマダム風、気取り屋の街

「がんこラーメン」なのに全てにおいて何の主張も無い期待ハズレ…

ALL1000円、観光地にありがちな商売。

若干、近代化しちまった旧軽井沢銀座で銀ブラを満喫し
ラウロとリッチーの運転リレーで初群馬。

草津なんざ、テレビCMでホテル櫻井しかイメージできなかったけど…

完全に温泉の街だね。
なかなか良かったよ、徹底してるな。

エロい看板とかも一切にして無いし
真夜中まで賑わう小さい街は、湯煙りと焼き鳥の匂い。

紅葉で色気づいた山々に囲まれて
家族づれやアホみたいなカップルや俺たち。

全てを放棄した開放感に溢れてた。

リッチーが手配してくれた激安、涙の宿。

まる1日寝てないけど、とりあえず乾杯して
宿風呂に入ったワケだが、ここは狭いので2交代制ルール。

先に入った俺は、10分で完全ノックアウト

酔いもあるのか、立ち眩みが止まらずそのまま30分伏せたワケ
つーか、湯あたりなのかフラフラのまま部屋へ。

その後、キャシも撃沈…

だから言ったのに…って思ったけど怖いからやめた。
ザマアミロ。

深夜にまた湯畑を見たくなり街を散策。
シュールさえ感じる街並みに立ち込める湯煙りがニクイ。

無理やり地元に例えたら修善寺ってとこだろ。

気温5度に耐え兼ねた俺たちは焼き鳥をごっそり買い込み宿へ。
ちんたら飲み食いしつつ、ディープな会話にて就寝したワケ。

それにしてもコチ君、命名おめでとう。
散々な言われようだったけどね(笑)

宿のおばちゃんに起こされ朝飯を食い
意外と几帳面な俺たちは並べた布団もキッチリたたみ
「お世話になりましたー」つってプチ観光。

隅々と歩ける街だからこじんまりと楽しめていいね。

夜と昼間じゃまた雰囲気も違うしね。
変わらないのは湯畑に立ち込める湯煙り、ここはホント和むわ

地蔵の湯でもうひと風呂浴びて
揚げ饅頭やら試食のあれこれを食い歩き「西の河原園地」で笑笑やって
草津をあとにしたワケ。

草津名物、湯もみの掛け声「ちょいな~ちょいな~」が聞こえてきた時は感動したな。

まあ、この旅での果たせなかった目的もあるワケだけど
それはそれで悪かねえなと。

帰りは俺のまさかの逆走にて
ウルサイ連中にギャーギャー言われ…

糞。

あとはラウロに任せて帰路についたワケです。
草津
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 48億のブルース all rights reserved.
PROFILE

KAT‐ROMANTICO

Author:KAT‐ROMANTICO

THE STRIPES
GUITAR & Vox
411-STREET.JPN.

CALENDER

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
LINK
QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。