48億のブルース / KAT-ROMANTICO. 411-STREET
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元のツレで戯れた。

なんつーか、ここ近年、一年て早えなって感じる一方
それぞれの状況の変化に驚くことが多かったりもするな。

転職したり、退職したりする残念な奴もいれば
国家試験で免許を取得して張ってる奴もいたり…

何でオマエが…っていう意外な展開があったり。

この歳にもなりゃ結婚してる奴も多く
地元じゃ俺ともうひとりの2人だけになっちまった…

早くは中学生の子供がいたり
小学生、幼稚園児といろいろ…すっかり親父をしている。

みんなタメとは思えないくらい近況は変わったな。

まあどんな環境にあっても
こうやって会えば昔となんら変わらないのも面白いもんだ。

昔の過ちを笑って話せる今頃に
いろいろな勘違いに気づいたりもするけど
それはそれで真剣だったからね…

それを勘違いというのかね(笑)

それこそ若い頃なんてのはさ
悪ぶって歩くのが男にみえたり
女をはべらかしてみたりするのが男にみえたり

そんな奴等でも
今じゃため息が出るほどに頑張ってる話に
なんつーか、ボコボコに殴られた感じ…

年末カウントダウン…
ノックアウト…

負け…

不覚にも奴等がカッコよく見えたね。

ダチに勝ち負けなんて無いことを祈る…

形にするのが嫌いな俺らに忘年会なんてのは無い。

また会おう
スポンサーサイト

とても素直、故に捻くれてしまったマチルダ。

両親がテーブルで唾を飛ばしながら罵りイガミ合い
TVからは下品で下世話なコメディーが…
冷め切ったスープを音を立てながらすすり笑っている。
嘘つき…

そんな光景を干乾びたドーナツの穴から覗いていたマチルダは
2000光年の扉を蹴り上げるかのように
パパとママの声が聞こえないところまで走り出した…

クリスマスの思い出。

まあ、そんな童話のような名曲もあったな(マチルダ/JUNIOR)

ところで今日はクリスマス前夜。

中学からのダチに息子が産まれ、立派な新居も建ったということで
いろいろを兼ねてお邪魔してきた。

「志音」しおん
ミュージシャンみたいだな。

どんな扉を開くんだろうか…

まだ何にも解っちゃいない赤子と
アホみたいに戯れる俺をとても心配そうに見てる夫婦。

子供ではなく俺のことをね…ダメだな。

しっかりしないとな…糞。

でもよ、なんだか温かい家庭を築きそうでよかったよ。

平和、上等!
MERRY MERRY X’mas !

80年代、新日本プロレスはまさに黄金期。

音楽とは別に、プロレス観戦が好きだった俺は
毎週金曜日の夜8:00が待ち遠しくてたまらんかった。

「正規軍」VS「維新軍団」なんて活字を見ただけでマニアは興奮するだろう…

マジな試合も茶番な試合もSHOWとしては最高だった。

アントニオ猪木、藤波辰巳、木村健吾、坂口政二
長州力、アニマル浜口、ラッシャー木村、マサ斉藤、谷津嘉章

いろいろ尽きないが、俺は小林邦昭が好きだった。

その後、今の格闘技界を担う
高田伸彦や前田日明が所属してきたワケだけど

その前田日明が総裁の団体、リングス。

ここで今年から全国の荒暮れ者を集った
OUT SIDERという3分3ラウンドのアマ・セミプロの
総合格闘技を立ち上げたワケ。

で、昨日その第4回が行われたワケなんだけど
興味があってネットで試合のカードを見てたら
そこに、過去バンド募集の張り紙により知り合った年下の彼が
”小柳稔幸”と本名で紹介されていてね。

一瞬目を疑ったけど本人だ。

まあ当時は彼がギターで参加する予定だったけど
いろいろ都合もありポシャったままで。

再会は翌年の大晦日イベントにて違うバンドとして対バンだったワケ。

サイコビリーやロカ、意外にもジッタリンジンが好きだったり…
礼儀正しくて当時の事を誤ってきて…
でも対バンが出来てよかったですと…

まあ俺もその日はビックリだったけどね。
その日の一緒に撮ったVは今も取ってある。

そんな彼がまた別の大舞台で頑張っているのを
ネットで知った今、かなり驚いたね。

はっきり言って、俺のことなんかはもう忘れてるだろうけど
俺は彼を応援したい。

惜しくも今回は負けてしまったようだけど
これから活躍してヤッテくれる気がしてならない。

いつか生で見に行ってみたいや。

頑張れコヤ!

「俺の生まれた町を案内するよ」と言われてから3年。

元同僚が3年越しに、実家のあるその町へ連れて行ってくれた。

たいして期待もしない悪いクセの俺も
いざ着いてみれば思いのほか楽しめたな。



素通りしてしまうような国道にも、下車してみないと分からない別世界がある。

なんだか時間がゆっくりでね…いろいろ語り、語られ。

遊びも文化もいろいろなギャップの中で育った環境に、また違う人生観。

町中が親戚かのようなやりとり…
「知らないヒトには着いて行っちゃダメ」と言われる今時の子供が懐っこい。

うん、ないねこの光景。
俺ん家の近所じゃ…

同僚だった頃には見せなかった素顔さえ感じながら
これは熱く語ってきたワケが解った気がしたな。



はじめて歩いたこの町のあちこちで、時が止まったまま。

中途半端とはいえ、市街地で育った俺には少しだけ寂しさを感じたけど
この町を愛する彼の気持ちは寛大。

この絶景を一度見てほしかったと、優しい。

俺の生まれた三島も古くから歴史はあるけど絶景に乏しいワケ。
富士山が望め清流の下る水の都ということだけは確かだけど
もし誰かを案内するのであれば、それはそれで???と。

イタズラな思い出ばっか転がってるだけ。

歴史とちがって絶景ってのはヒトの心を一瞬にして動かす魔法があるね。

それにしてもさ、自分の生まれた町をヒトに伝えたいんだ
つー思いが、こんなに素敵なことなんだと…

生まれてはじめて気付かされたね。

気にしたこともなかったのに…

デボネア


三島市では第一日曜日が粗大ゴミの日。

そんなワケで長年にわたりヘルニアの俺を癒してくれた
赤いレザーのソファーをゴミ処理場へ代車の軽トラで搬入し処分した。

ほんの数秒でブチ壊されるサマが何とも切なかったけどね。

その足で、先月に横浜から買い付けてきた
格安のカワイイ軽パコを知り合いの店にあずけてあったので引き取りに…

板金とオールペンを施してもらったワケだけど
この様変わりがまたカワイイ!

やはりプロの腕は違うなと思いつつ
2ヶ月も世話になったカート的な代車の軽トラともお別れ

事務所の中でしばらくディープな雑談をしてると
シンナー臭いピットに置かれたラジカセで流れてた音楽が
妙に懐かしくてね…ちょっぴり嬉しくなったワケ

コースターズのTHAT IS ROCKNROLL

いろんな音楽が好きな俺だけど個人的な趣味としては
こんなDOO-WOPな黒人音楽も好きなワケで…

原点というか小学校の頃に好きだった
ラッツ&スターのスタイルに魅せられてシャネルズが大好きだったり(笑)

逆から読んでもRATS&STAR(笑)

昔、オールディーズなパンクバンドでボーカルをしてた時に
白いドライバーズ手袋をしてたのも原点はそこにあるワケ(笑)

ロックな奴等には何かと馬鹿にされそうだけど
何を言われようが嘘付けないところだ。

ところ変われば、こんな話題で熱くなれることもあるから面白い!

まあそれはそれで、あと1つ。

これまた長年にわたって憧れ続けたDEBONAIR(1985三菱)を
6年前にようやく手にして以来、愛着さえ感じながら優雅に乗り回してきたけど
エンジン不良のため、手放すことに決めた。

散々悩んだ挙句、最終的この件にいちばん面倒を見てくれた
この店のオーナーに譲渡することに決めたワケ。

本人自らがレストアして綺麗に仕上げるというところが
嬉しかったし、どう生まれ変わるかが楽しみだからね。
ショーカーになってもいいし、商売に繋がるなら尚更のこと。

ちょっと淋しいけど、これ以上に俺が所有しても土に還るだけだ(笑)

まあ過去に乗り継いできた車にはロクでもねえ思い出ばかりで
このデボネアには良い思い出しかなかったからね、感謝だな。

フィフティーズなスタイルや和製なロカビリーテイストが
好きで憧れたデボネア…

コースターズのTHAT IS ROCKNROLLを聞きながら
アホみたいに気取ってR134湘南海岸を走った思い出…

またいつか乗りたくなるのかなぁ…

プレートナンバー 6666 ロクデナシ
この偶然に、何か縁を感じてたなぁ…

いざさらば。
デボネア
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 48億のブルース all rights reserved.
PROFILE

KAT‐ROMANTICO

Author:KAT‐ROMANTICO

THE STRIPES
GUITAR & Vox
411-STREET.JPN.

CALENDER

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
LINK
QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。